防犯性の強い鍵へ交換|鍵に関する様々なトラブル|鍵修理が必要な場合は業者へ依頼

鍵に関する様々なトラブル|鍵修理が必要な場合は業者へ依頼

錠前を持つ男性

防犯性の強い鍵へ交換

作業員

家の鍵をなくしたら

もし家の鍵をなくしたら、大家さんなどに開けてもらうのが通常ですが、最近は大家さんも鍵を持っていないケースも多いため、まず鍵の専門業者に連絡して開けてもらうことが多くなります。それと同時に鍵交換もしておく必要があります。家の鍵はかけ忘れなければ心配ないと言えたのは過去のことで、古い鍵はピッキングやサムターン回しという方法で簡単に破られてしまうものです。家の鍵は、賃貸物件なら勝手に変えてはいけませんが、物件が古くて防犯面で心配なら、大家さんや管理会社に相談して、最新の鍵に変えてもらうか、許可を得て鍵交換することも考えておくことです。ディンプルキーなど、ピッキングされにくく防犯性の強いものに鍵交換すると今後の安心も得られます。防犯を考えるのなら、防犯カメラを玄関の見える位置に設置することも効果的です。設置しておくだけで空き巣予防にもなります。防犯カメラには奥の種類がありますが、最近人気があるのはネットワークカメラです。ネットワークカメラは高性能のため、高額ですが幅広く利用することができます。

交換方法と契約

玄関の鍵の場合、賃貸物件の場合は、鍵の扱いは契約書に書いてあることが大半です。勝手に鍵交換してしまうと契約違反となって後々大きなトラブルに発展しかねないので、交換してもらう場合、自分で交換する場合、どちらにしても大家さんや管理会社に事前に相談が必要です。家財保険に入っている場合、鍵のトラブルの費用も保証になっていることもあります。家の中のドアにも鍵をつけることができます。通常の鍵だけでなく、ボタン操作で番号を入力して解錠する鍵もあります。ボタン操作のものは、鍵を持ち歩く必要がなく、紛失する心配もありませんので、家の中のドアに取り付けるには気軽で便利な商品です。ルームシェアしている場合などに最適な商品です。